医療系と美容系の脱毛の違い

最近では脱毛することに抵抗なくなりつつあります。

現代に脱毛することができる場所としては病院やクリニックである医療系と美の美しさを追求する美容系エステサロンの2箇所となります。この2箇所の違いとしては医療目的であるのか美容目的であるのかの違いです。
ですが、どちらも脱毛効果はあるため場所を選ぶのは利用者次第となります。

2箇所とも効果を実感することはできます。



ですが、効果を実感できる時間が早いか遅いかということになります。
医療系である病院やクリニックでは効果を早く実感できるため大体1年半ぐらいで脱毛が可能となります。


一方美容系では医療系の倍の時間3年くらいの月日が必要とされています。
これらの違いは施術時の光の強さによるものとされています。



医療系では、医師免許を取得している人しか扱うことが認められてない医療行為となり強い強さで施術することが可能なので少ない回数でも効果を実感することが可能となるのです。



美容系は医師免許を持たない人でもできるため弱い光のみ施術可能となっているので効果を実感するためにはかなり多くの回数を必要とするのです。


効果を感じられるまでには時間のかかり方がちがいますが、どちらにせよ効果は実感することはできます。

また、これらの2つには費用にも大きな差があります。
医療系は保険が利かないため実費になります。

なので費用は高額になります。

一方美容系は安さを売りにしているところが多く月額1万円以下で利用できるところも多くなってきています。